塾の懇談

先日、四男の通う塾で懇談がありました。指定されたのは塾の授業終了後。何を言われるのだろうかとドキドキしながら臨みました。

その日担当の先生は三男もお世話になった先生。我が家のこともよく知ってます。元々我が家がこの塾にお世話になったきっかけは、夫の友人の奥さんがここの講師をしているからで、きっと我が家の有る事無い事(ry

まあそれはそれとして。先生の話によると、塾では皆を笑わせるムードメーカー的役割を果たしてるそうで、それ勉強となんの関係もないよね!?ってなってしまった。中学校でも卒業した小学校でも同じことを言われていて、こいつは芸人でも目指すつもりかと思ってしまう。まあ修行に耐えられるほどの根性は今のところ見せてないんですけどね。

肝心な成績のほうは私と同じ見解で、「もうちょっと頑張らないと受験のとき余裕がなくなるかな」というものでした。理解力がないわけじゃないけど、とにかくズボラーで忘れ物が多い四男、そこんとこをきちんとしないと内申だだ下がりになりそうでマジ怖いです…。兄ちゃん達からは「部屋を片付けろ」「わからんことがあったら教えてやるけど、自分から教えて欲しいと言わないと教えてやらんぞ」と言われまくってるわけですが、なかなかそこに到達してくれないのが…。いやそこ基本中の基本だろ?と思うんですがねぇ。

そして学校の成績が4ひとつで残りはオール3の四男、最後に「もう一つ、どの教科でもいいから4になるように頑張ろう」と約束したのでした。果たしてこれで頑張りを見せてくれるのかどうか、乞うご期待、というところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください